>

一生でどのぐらい車を買うか?

人によって様々ですが一般論として書かせてもらうならば、人生では少なくとも4回は車を購入するタイミングが存在します。まずは一番最初の車を購入する時です。大学生の時から車を購入している方もいらっしゃいますが、一般的には社会人になって数年後に購入される方が多いのではないでしょうか。そしてその車を乗り換えるのが、家庭を持った時です。

奥さんとなる方が自分でも車を持っていた場合、都会ではどちらかを売った方が経済的です。そして次に子供が出来た時にも車を乗り換える方が多いです。子供がいると大きなワンボックスカーなどが便利だからです。そして子供が独り立ちして、また夫婦だけの生活に戻った時に運転のしやすい車に買い替えるタイミングがあります。

ライフスタイルに合わせた車選びを

一生独身で愛車が恋人という人はともかく、人生でライフスタイルが大きく変わる時に車も乗り換えるタイミングが訪れる事は先ほどもご説明しました。特に男の方で車のカスタムを趣味にされている方は結婚と同時に自分好みに育ててきた愛車とのお別れをする方が多いようです。カスタムをした車は平均的なドライバーでは下手をするとエンジンをかける事も難しい場合があります。

夫婦揃って車が趣味という方々を除いては、いわゆるファミリーカーに乗り換えるタイミングなのです。特にお子様がお生まれになった時にはチャイルドシートを付けられる車でないと、家族揃ってのお出かけが出来ないのでとても不便です。家庭は独りよがりでは崩壊してしまいます。青春の思い出が詰まった車でも手放す時はやって来るのです。


中古車市場の仕組みと値段を決めるポイント

この記事をシェアする